UIA2011東京大会(第24回世界建築会議)」に合わせて、2050年における首都圏の未来像を首都圏の12の大学研究室が提案する「東京2050//12の都市ウィジョン展」が平成23年9月24日(土)~10月2日(日)にかけて開催されました。

大野秀敏研究室は、2005年に「サステナブル建築世界会議」で発表した「ファイバーシティ/2050」の提案を、池袋地区を対象として具体的に検討し、さらに新たな提案を加えて再提示しました。


会場デザイン:大野研究室



We organized a exhibition “Tokyo2050 // 12 Visions for the Metropolis” where 12 laboratories in the universities in the Tokyo Metropolitan Area presented their proposals for the Metropolitan Area in the year of 2050 from September 24 to December 2 during the period conference of UIA TOKYO 2012.

Exhibition setting was designed by Ohno Laboratory

東京2050//12の都市ヴィション展     Tokyo2050 // 12 Visions for the Metropolis

FIBER CITY     |     東京2050//12の都市ヴィション展       Tokyo2050 //12 Visions for the Metropolis

Photo: Tetsu Hiraga

 

もどる | Go back