?
?
?

大野秀敏研究室では、日本の地方都市の2050年の将来像を考えることをテーマに長岡市をモデルとして研究を進めてきました。

2011年9月7日〜19日にかけて、まちなかキャンパス長岡において、これまでの研究成果の展示し、高齢化を迎える長岡市の将来像を提案しました。また、9月11日には同じテーマのシンポジウムを開催しました。

We have studied city of Nagaoka as a case study for images of the local cities of Japan in the year of 2050. We presented our research result in the Machinaka kyanpasu Nagaoka from September 7 to 19, 2011 with a future image of the city which will face aging society. We also had a symposium with the same theme.

地方都市のすばらしさを実感できる魅力的な住環境をつくる - 長岡市への提案

proposals for attractive living environments designed to experience the splendor of the regional city - case study in Nagaoka

FIBER CITY     |     地方都市のすばらしさを実感できる魅力的な住環境をつくる - 長岡市への提案

Photo: Tetsu Hiraga

?

もどる | Go back