小さくて多機能な建造物を創造するプロジェクト「ライディング・プロジェクト」と、ビー・エム・ダブリュー株式会社のカー・ブランドMINIがコラボレーションし、2011年9月23日〜10月3日にかけて、丸の内のBMW Group Studio において、9名の日本人建築家の作品の展示が行われました。

大野秀敏研究室は公共的機能を自動車で運び、地域で余剰の建物に接続することで地方の生活基盤的サービスを維持する移動巡回型公共サービスシステムの展示を行いました。

There was an exhibition of nine Japanese architects at the BMW Group Studio in Marunouchi, Tokyo from September 23 to October 3, being supported by the collaboration of MINI, a automobile brand by BMW with RAIDING PROJECT, a project pursuing small but multi-functioning structure.
Ohno laboratory presented mobile service system which provides fundamental life services to communities by combining automobile as a carrier of public services and vacant building as a palace for servinig.

RAIDING PROJECT crossover architecture

FIBER CITY     |     RAIDING PROJECT crossover architecture

Photo: Tetsu Hiraga

 

もどる | Go back